>

収納する際のコツを把握しよう

仕切りを用意しよう

頻繁に、ものを失くす人が見られます。
それは適当にしまっていることが原因ではないでしょうか。
仕切りを用意することで、スッキリするのでおすすめです。
よく使うものは、取り出しやすいように大きいスペースを確保してください。
よく使うもの、たまに使うもの、あまり使わないものに分けると、あとで取り出しやすくなります。

また使う頻度が少ないものは、引き出しの奥に入れるのが良い方法です。
手前に必要ないものがあって、奥に使うものがあったら取り出しにくくなってしまいます。
この機会に、引き出しの中を整理してください。
数回しか使ったことがないものは、これからも使用頻度は少ないです。
引き出しの奥に入れても、問題ないでしょう。

ものを減らすこと

一応持っているけれど、これまでに使用したことがないものは処分してください。
仕切りを用意しても、収納するものが多いと片づけることができません。
必要なものだけ残して、あとは捨ててください。
引き出しの中身を減らすことで、スッキリと片づけられます。
ものが多いと、どこに何があるのかわからなくなります。

缶切りの機能を持っているハサミなど、多様性のある道具を購入するのもおすすめです。
するとそれだけ持っていれば良いので、他の道具を揃える必要がなくなります。
便利な道具を見つけたら買いたくなってしまいますが、本当に必要なのか考えましょう。
ある程度ものを減らせば、仕切りを使いやすくなるはずです。
引き出しに合うサイズの仕切りを買いましょう。


この記事をシェアする